相手と向き合わないで存在を無視することは、タチの悪い暴力だ。

スポンサーリンク

 

 

こんにちは。じょりです。

 

私は人間関係について色々と昔から考えることが好きです。

  • どうしたら円滑に人づきあいができるか
  • 人が喜ぶことはなんなのか
  • 人はどんな時に悲しむのか
  • どうしたら人間関係が壊れていくのか

3人兄弟の末っ子として生まれたこともあり、上手に愛され、幸せに生きていく方法はないか常に考えて育ってきました。

 

言ってしまえば私はただの臆病者です。

 

傷つきたくない、傷つけたくない。

愛し愛されたい。

幸せでありたい。

 

子供の頃から、大人になった今もそんなことを考えて生きています。

私は人間関係の輪を大事にする人間です。

私にとって幸せとは、人間関係が大きく関わってくるものなんです。

 

人間関係を重視する私にとって「存在の無視」とは暴力を受けることと同等なほどダメージを受けます。

スポンサーリンク

無視=タチの悪い暴力

 

無視というのは、とても簡単で、意地汚いものだと思っています。

労力は何も必要なく、ただ存在の無視をすれば相手を傷つけることができます。

 

何か不満があるのに何も言わない

不満を態度に出す出すだけで、話し合いの土俵にも立たない

相手にとってダメージは絶大

 

これはタチの悪い暴力と言えることじゃないでしょうか。

無視する側は、何も疲れることなく、人に不安感を植え付けることができます。

 

不満があるなら言葉に出すべき、そうじゃないなら態度にも出さないでくれ。

 

人と人は完璧にわかり合うことはできないと思っています。

育った環境も違えば、価値観の違いもイナメナイわけなんです。

セロリが好きだったりもするんです。

 

それは良い。

でも、分かり合えなくても、自分の意見を言うことは大事。身近な人ならなおさら。

何も言わないっていうことは、何も考えていないのと同じ。

何も話し合えないということは、わかり合うことを放棄しているのと同じ。

 

分かり合うことも、話合うことも諦めているなら、せめて円満にする努力をしてほしい。

 

 

私は求めすぎでしょうか?

 

ケンカが下手な人は「子宮の中の人たち」を読んでほしい。

 

ツイッターで話題になった、「子宮の中の人たち」っていう漫画あるんですけど、面白くて好きなんです。

妊娠した女性の子宮で働いてる人たちの仕事っぷりから、妊娠によって起こる体やメンタルの変化。

パートナーとの関係の話とか。色々コミカルだけどリアルに描かれていて面白いです。

 

作者のブログでも漫画が読めるのでぜひ。

私がオススメしたい話はコレ。

奥さんが家出して帰ってきた後の、仲直りと向き合い方が最強すぎるお話です▼

【漫画】家出 – 家出の終わり –

漫画もとても良いです・・・(;_;)

 

 

 

不器用なのはしょうがない。

だけど、人と向き合って生きるのであれば、

少し素直になる勇気と、めんどくさい覚悟も必要なんじゃないかと。

人間関係というのは、めんどくさくて、扱いにくくて、愛おしいものなんだ。

 

スポンサーリンク